待機児童解消のために

園児と先生

都市部を中心に、待機児童が深刻な問題となっています。特に、大阪などの大きな都市では夫婦共働きが多いことから、保育園に対する需要が高いことで知られています。そうした事情もあり、大阪では保育士の求人がとても多いです。地方で働くよりも好条件で仕事を見つけられることから、近隣県や中国地方、それに山陰地方から仕事を求めてやってくる人も増えている状況です。以前であれば、保育士では一人暮らしをすることが難しいと言われていました。しかしながら、雇用条件や環境が大きく改善されたことで、保育士としても十分働くことが可能になったのです。そのため、大阪の求人への応募が増えています。

子供と接する仕事

園児と先生

子供と接することができる数少ない選択肢ということもあり、依然として保育士は人気の高い仕事です。子供と接する仕事を考えた時に、一番求人募集が多いのが保育士や幼稚園教諭の仕事です。しかも、大阪等の大都市では求人の数が多いため、条件も応募者が選ぶことができるようになっているのです。保育士が依然として人気が高いのは、女性が働きやすい環境が整っているということも関係しているでしょう。資格職なので資格の取得を目指すモチベーションにもなります。また、志望動機などを見てみると、子供と接することが好きだという理由で求人へ応募する人が半数以上を占めています。好きなことを仕事にできることで、やりがいを感じられます。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3